税理士事務所について

税理士事務所について

税理士のなり方について

税理士とは税金の専門家で、その仕事内容としては会社や個人の依頼により税金に関する様々な書類を作成していくというようなものです。

 

 

 

年収800万円と高めですが、基本的には普通に企業で働くよりも忙しいことが多く、税金に関する仕事に携わることから、確定申告のある2月や3月あたりには仕事が大量にやってくるというような特徴があるそうです。

 

 

 

税理士のなり方として大まかな流れで言うと、まず受験資格を取得し、税理士試験を受けてそのうち5科目合格し、2年以上の実務経験を経て税理士登録できます。

 

 

 

まず受験資格を取得するには、大学や専修大学等で定められた授業時間を受けて卒業し、経済学や法律学に関する科目を1科目以上履修したり、大学3年以上で法律学や経済学を含めた62単位以上を取得したり、日商簿記検定1級合格者になったりすることで、まずこれを取得することができます。

 

 

 

税理士試験では1年で5科目すべてを合格する必要性はなく、合格した科目においては試験を受ける必要性がないために、努力して時間をかければ十分に取得できる可能性のあるものとされています。

 

 

 

ただし独学では厳しいらしく、そういった専門の資格スクールに通うのが一般的だとされています。

 

 

 

実務経験に関しては税理士試験に受ける前でも後でも構いません。

 

 

 

税理士になるためには

税理士は、その名の通り税に関するお仕事ですよね。

 

もちろん、国家資格でとても難しい試験があるのはご存知の方も多いかと思います。

 

ただ、実際に税理士になりたい場合は、どうしたらいいのか分からない方が多いと思います。

 

 

 

私の知り合いにも港区の税理士の方がいますが、それはもう猛勉強をして凄く頑張ったそうです。

 

昔は、大学院を2つ出ているだけでなることができた時代もあるそうです。

 

現在は税理士法が改正されているので、税理士になるためにはかなり難しい道になります。

 

 

 

実際に税理士になるためには、国家試験を合格しなければいけません。

 

これで税理士になる方がもちろん多いですが、誰もが簡単に試験を受けれるわけではありません。

 

一般的に多いのが、税理士事務所に勤務しながら港区の税理士事務所で実務経験を積んで試験を受けるそうです。

 

私の知り合いもずっと税理士事務所で勤務して、経験を積んでいました。

 

 

 

11科目の中から5科目合格で港区の税理士試験合格になるそうで、選択科目で選択した科目の中の一度合格した科目はずっと有効になるそうです。

 

なので、じっくりと時間をかけることができれば、港区で税理士になる可能性も高くなっていくみたいです。

 

給与業務のアウトソーシングサービス→S-PAYCIAL

税理士になると起業、開業し易いの?

税理士は起業、開業がし易い資格の一つとよく言われていますが実際はどうなのでしょうか。

 

まず税理士は起業、開業自体はし易い職業です。
一般企業のサラリーマンなどが脱サラで起業、開業を行った場合、どんなに優秀な能力やスキルを持っていてもなかなか事業を起動に乗せるのは難しいものです。
その点税理士は規制緩和は進んでいるものの一部の税業務の独占が法律上守られていますので、一定の需要があり起業、開業しても比較的利益を挙げやすい利点があります。
手に職で起業、開業を考えている方にはかなり有利となる職業となります。

 

ただし問題となる点もあります。税理士業界は人脈が重要となる業界で、既に多くの顧客は古くからのネットワークができており新規参入が厳しい状況です。2世税理士や税務署OBの税理士の地盤が強い業界ですので、人脈のない税理士が事業を行うとなると営業力などプラスαの能力が必要になってきます。
今後は規制緩和や税理士人口の増加から更に厳しくなるかと思われます。

 

この様に難しい面もありますが、税理士の専門性は起業、開業の武器としては心強い能力の一つ。
起業、開業を目指している方の選択肢としてはおすすめの仕事の一つと言えるのではないでしょうか。

 

 
 

ホーム RSS購読 サイトマップ